ホーム > 現金化 > クレジットカード現金化を行う時の注意点などについてまとめました

クレジットカード現金化を行う時の注意点などについてまとめました

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠が付いていることが多いです。

お金が必要な場合にキャッシング枠を利用すると、カード会社から借金をすることができます。

一方、キャッシング枠が限度額に達するとカード会社からの借金はできませんが、ショッピング枠を利用して買い物をすることができます。

ショッピング枠を利用すると、クレジットカードで入手した商品を買取店などに持ち込むことで現金を得ることが可能です。

これをクレジットカード現金化といい、現金化業者に依頼すると即日対応してもらえることも少なくありません。

ただし、注意点として最終的に損をすることが挙げられます。現金化業者に依頼した場合は、別途手数料が必要になるので最終的な換金率が80%程度になります。

また、自分でクレジットカード現金化を行ったとしても、プレミアが付いていない限りは購入金額より高く買い取られることは滅多にないので基本的に損をします。

商品を自分で買取店に持ち込むと換金率が50%を下回る場合もあるので、換金率は80%あれば良い方です。

換金率80%というのは、例えば業者からショッピング枠で購入した100万円の商品を業者に買い取ってもららって80万円得ることです。

ただし、カード会社に対して後日商品代金の100万円を支払う義務があるので、20万円借金が増えることになります。

さらに、カード会社への支払方法を分割払いなどにするとカード会社への手数料が発生するので注意が必要です。

いろいろ調べて換金率が80%を超える業者を見つけましたので良かったら見てみてください:ビックギフト評判

 


タグ :